おうち映画blog

映画やドラマのレビュー

Netflix「薄氷」ネタバレ感想 まさかの号泣。極寒でのアツい死闘!

f:id:syumisyufu:20210131073122j:plain:w400
<引用元:Netflix>


スペイン産Netflixオリジナル映画「薄氷」が配信されました。

6人の囚人を乗せた護送車が何者かに襲われるアクション映画。

主演は「嵐の中で」や「その住人たちは」のハビエル・グティエレス


極寒の中のアツい死闘。

Netflix映画の思わぬ傑作に出会えました。

「薄氷」満足度


キャスト 
ストーリー 
満足度 

「薄氷」動画配信情報


「薄氷」はNetflixで独占配信中です。


「薄氷」作品情報

●上映時間 106分
●公開 2021年
●監督 ルイス・キレス
●キャスト
ハビエル・グティエレス
カラ・エレハルデ
ルイス・カイェホ
アンドレス・ヘルトルディクス
イサック・フェリス
エドガル・ヴィットリーノ
ミゲル・ゲラバート
フロリン・オプリテスク
アレックス・モネール
パトリック・クリアド

「薄氷」 あらすじ

囚人護送車が突然、何者かに襲撃される。生命を脅かすほどに凍てつく寒さの中で、責任者の警官は、護送車内外の敵を相手に命がけの闘いに身を投じることに。
<引用元:https://www.netflix.com/jp/title/81038588

ここからネタバレ注意です





「薄氷」 ネタバレあらすじ


刑務所から囚人6人を夜間に護送する途中で護送車が何者かの襲撃に合います。

車両の中にいた警官モンテシノスは外の様子を見に行きますが銃で撃たれ、運転席にいた警官マーティンは倒れているモンテシノスの持つ鍵を取り逃げるように車両に逃げ込みます。

車両内では外からガソリンを流され囚人パルドが焼死。

何が起こったかはわからない状況を幸運とばかりに脱出を企む囚人たち。

犯人から自由になりたければ車両に自分を入れろと要求があり、マーティンから鍵を奪おうとします。

そんな最中、更に犯人が次に要求したのは意外な人物でした。


「薄氷」 登場人物


画面が暗いし似たような風貌の人もいて区別しずらかったので登場人物の特徴など載せておきます。

マーティン(ハビエル・グティエレス


北部から赴任してきた警察官。

今回の囚人の護送が初仕事。

規則は守るタイプの真面目男。

モンテシノス


イカツイ警察官。

マーティンと共に今回の護送任務に携わる。



以下、囚人↓


ラミス


窃盗犯。

ドミニカに店を開くのが夢。

パルド


元会計士で窃盗犯の老人。

ゴラム


薬物中毒。

ルーマニア


凶悪犯。

護送中に警官を襲ったこともある危険人物。

ガタイのいいあご髭もじゃのオールバック

レイ


妹を襲った加害者へ復讐して刑務所に入る。

イケメンスキンヘッド。

ニット帽被ってたり、眉間にタトゥーがある

ナノ


金髪の青年


「薄氷」ネタバレ感想


よくあるアクション映画なのだろうと軽い気持ちで観始めました。

まさかラストに号泣することになるとは。


あらすじ通りの護送車襲撃は器具を隠し持っていたラミスか、ルーマニアの仲間の仕業だと疑える状況でした。

紛らわしくもルーマニア自身も兄が助けに来たと勝ち誇った様子でしたから。

しかしどうも様子がおかしい。

自由になりたければ自分を中に入れろという犯人の要求。

鍵を奪うためマーティンに襲い掛かる囚人たち。

その最中にナノがルーマニアを消火器で殴ってしまうという事態。

そしてその後、犯人が要求したのは意外にもナノをよこせというものでした。

何か思っている方向とは違うなということに気づき始めた頃、

チノの名前も上がり、犯人の目的が見えてきます。

映画冒頭のチノという青年はナノの家族同然の友人だったこと、そしてこの事件は元警官ミゲルが娘の居場所を聞き出すために起こしていることがわかります。(ミゲルの娘は生きていません)


ナノはいったい何をしたのか?


ミゲルの語るナノのやったことはもう人間の所業ではないものでした。

おかしなものでそんなナノ自身も家族のようなチノに何かしたら絶対許さないと憤っています。



本作の見どころの一つに囚人とマーティンの関係性の変化があります。

敵対していた囚人たちと状況的に助け合う中で、あれだけ規則にガチガチだったマーティンが「幸運を祈る」とラミスの逃亡を見過ごします。

妹を傷つけた加害者に復讐して刑務所に入ったレネ、復讐して妹さんは嬉しいと思うか?という問いかけ、囚人たちとの脱出劇など登場人物たちの背景やストーリーがラストに向けて視聴者に訴えかける伏線になっていました。


ミゲルのしたことが許されないことはわかっていても

ラストのマーティンの決断に涙がとまりませんでした。


お読みいただきありがとうございました。