おうち映画blog

映画やドラマのレビュー

「マチネの終わりに」ネタバレ感想 ラブシーンには物申したい大人のラブストーリー


福山雅治石田ゆり子主演の大人のラブストーリー

「マチネの終わりに」のネタバレ感想です。


マチネとはフランス語で「午前中」という意味。コンサートでは「昼公演」の意味で用いられている


本作は平野啓一郎の書籍「マチネの終わりに」を映画化、監督は「ガリレオ」「昼顔」を手掛けた西谷弘監督

パリで出会った瞬間から惹かれ合う40代男女のラブストーリー。


古めかしくも惹きこまれる会話と空気間。

素敵な中年代表の福山さんと石田さんだからなしえた世界観なのかもしれません。

「マチネの終わりに」 満足度

キャスト 
ストーリー 
満足度 


「マチネの終わりに」作品情報

●上映時間 124分
●公開 2019年
●監督 西村弘
●脚本 井上由美子
●キャスト
福山雅治(蒔野聡史)
石田ゆり子(小峰洋子)
伊勢谷友介(リチャード)
桜井ユキ(三谷早苗)


「マチネの終わりに」あらすじ

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子に出会う。ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせた二人。洋子には婚約者がいることを知りながらも、高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう。

互いへの感情を心の底にしまったまま、
別々の道を歩む二人が辿り着いた、愛の結末とは―
<引用元:マチネの終わりに - 映画・映像|東宝WEB SITE

ここからネタバレ注意です





「マチネの終わりに」ネタバレ感想


正直言うと石田さんがジャーナリストに見えないしセリフは棒読みに聞こえるし蒔野と洋子2人に流れている空気と会話が古臭いし、最初はサムいなと思いました。

でもすぐに覆されました。

福山さんだからね、石田さんだからねってところですべて納得出来てしまう。

「洋子さんが死んだら僕も死ぬ」

なんていうセリフは恋人同士の会話あるあるで聞く分にはかなりサムいんですけど、福山さんみたいな素敵に年齢を重ねた大人の男性が言うとなんか沁みるものがある。

キスシーンも自分の好みとしては物申したいところもあるのですが、福山さんと石田さんなのでやはり素敵なシーンになっていました。



私的には蒔野は洋子を深く愛していたかっていうとそうでもない気もするんですよね。

早苗がやったあんな小細工で離れるようではダメだと思います、蒔野と洋子の受け身はまた同じようなこと繰り返すだろうし。

どっちかというと「私の人生は蒔野」と言い切る早苗の方が私は共感出来たかなと思います。




お読みいただきありがとうございました。



福山雅治出演作品がU-NEXTで見放題配信中

<見放題>
●三度目の殺人
●そして父になる
●容疑者Xの献身
●真夏の方程式
●マンハント
●龍馬伝
●集団左遷(ドラマ)
●SCOOP!

U-NEXTで無料で観る
※本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください