おうち映画blog

映画やドラマのレビュー

「夏、19歳の肖像」ネタバレ感想 タオ君のビジュアルとストーリーがハマったミステリー映画


「夏、19歳の肖像」の紹介とネタバレ感想です。 


原作は島田荘司の「夏、19歳の肖像」。

バイク事故で入院した主人公が病室の窓から見える屋敷に住む美女を覗き見していたら美女のある秘密を知ってしまう青春ミステリー。



夏、19歳の肖像


主演を務めたのは人気アイドルグループEXOの元メンバーのファン・ズータオ


EXOを脱退してからは中国で歌手兼俳優として活躍中。


ヒロインは石原さとみと上戸彩を足して2で割ったような美女ヤン・ツァイユー

めっちゃ可愛いです。



予告動画はこちら ↓


美男美女だったから許された青春ミステリーですが、なかなか面白かったです。

「夏、19歳の肖像」 おすすめ度

キャスト 
ストーリー度 
おすすめ度 

「夏、19歳の肖像」作品情報


●上映時間 105分
●公開 2017年
●監督 チャン・ロンジー
●キャスト
ファン・ズータオ(チャオ)
ヤン・ツァイユー(インイン)
リー・モン(リー)
カルビン・トゥ
チャン・クォチュー
スタンリー・フォン
チュウ・チーイン

「夏、19歳の肖像」あらすじ

大学の夏休み。19歳のカン・チャオはバイク事故で脚を骨折して入院し、退屈な入院生活のなかで病室から窓の外を望遠鏡で覗いていると、邸宅の二階に佇む女性を見つけ、その美しさに惹かれていく。そんなある夜、彼女が父親らしき男性と口論の末、ナイフを手に飛びかかる様子を目撃してしまう。男は倒れ、やがて隣の工事現場に現れた人影は、そこに“何か”を埋めていた。真実を確かめようと動き出したカンの携帯に届く、謎めいたメッセージ。自分を監視しているのは誰なのか?事件の泥沼から美しいあの人を救い出したいという気持ちに衝き動かされ、カンは彼女――シア・インインに近づくのだが…。
<引用元:夏、19歳の肖像 | ソニー・ピクチャーズ公式

ここからネタバレ注意です


「夏、19歳の肖像」ネタバレ感想


はっきり言ってしまうと主人公がイケメンだったから許されたほぼストーカー映画です。

ラッキーなことに相手が好意を受け入れてくれたんで犯罪チックにならなかったけど。


ツッコミどころはいくつかあるのですが、

1番のツッコミどころはインインが多額の借金のために実の母親に頼まれてめちゃめちゃ年上の資産家の男に嫁がされて同じ家にお母さんも一緒に暮らしているという設定ですよね。

いくらなんでも古いよな~と思って調べてみたら35年前の小説でした。


あと声が聞こえなくなる演出、最初は音声バグかと思って映像消したりつけたりしてました😅

こういう演出だとわかって観ると音無しが主演2人の美しさを強調してていい感じ。


付き人みたいな人達が暴力的だったしインインは自分には選択肢はない、生きる世界が違うって言っていたから怖い旦那さんなのかなと思ったら、旦那さんはインインに感謝していたし誰を愛すかは自由だよって意外と物分かりよかったんでちょっと拍子抜け。

ってことはインインがチャオを選ばなかったのは、旦那さんが無理矢理にってわけじゃなくて結局母親ともどもいい生活をしたかったんですね。

旦那さんが病気だったから見捨てられなかったというのもあるのかな。

なんだかんだ1番の鬼は借金返済のために嫁に行くように頼んだインインの母親ですね。


チャオとは別れたけどあの後インインは旦那さんの遺産を放棄していました。

自由になれたのかな?


結末は青春ってかんじで突っ走って恋した人が10年後も心の特別な場所にい続けるっていうキュンとくるエンディング。

主人公2人のビジュアルとストーリーがハマっていて面白かったです。



以上「夏、19歳の肖像」ネタバレ感想でした。

お読みいただきありがとうございました。
(´▽`ʃ♡ƪ)