おうち映画blog

映画やドラマのレビュー

Netflix「ミッドナイト・スカイ」ネタバレ感想 ジョージ・クルーニーカッコよきSF映画

f:id:syumisyufu:20201225190558j:plain:w400
<引用元:Netflix>

Netflixで配信スタートした「ミッドナイト・スカイ」

のネタバレ感想です。


地球に大惨事が起こった近未来、帰還途中の宇宙船に事態を知らせるため北極圏に1人残った男の辿るSFドラマ。


原作はリリー・ブルックスの「世界の終わりの天文台」

監督・製作・主演をジョージ・クルーニーが務めています。


え?ジョージ・クルーニー?

キャストも何も見ないで視聴したので気づくのに30分はかかりました。

髭凄かったし老けてたしなかなかの風貌だったので。


SFものなのですが、そういう面白さじゃなくて人間ドラマですね。

「ミッドナイト・スカイ」 満足度


キャスト 
ストーリー 
満足度 


「ミッドナイト・スカイ」動画配信サービス


「ミッドナイト・スカイ」はNetflixで配信中です。

「ミッドナイト・スカイ」作品情報

●上映時間 118分
●公開 2020年
●監督 ジョージ・クルーニー
●脚本 マーク・L・スミス
●キャスト
ジョージ・クルーニー(オーガスティン)
フェリシティ・ジョーンズ(サリー)
デヴィッド・オイェロウォ(ゴードン)
カイル・チャンドラー(ミッチェル)
ティファニ・ーブーン(マヤ)
デミアン・ビチル(サンチェス)
カイリン・スプリンガル(アイリス)
ソフィー・ランドル(ジーン)
イーサン・ペック()


「ミッドナイト・スカイ」あらすじ

北極圏に独り残った科学者は、地球全体が大惨事に見舞われたことを知り、帰還途中の宇宙飛行士らと交信し、地球には戻れないことを伝えようと手を尽くす。
<引用元:Netflix公式ホームページ>

ここからネタバレ注意です


「ミッドナイト・スカイ」ネタバレ感想


地球で何らかの大惨事が起きて安全な場所はない状況。

みんなが避難する中で1人北極の研究所に残ったオーガスティン。

輸血なしには生きられない体で帰還中の宇宙船に事態を知らせるために模索する。

孤独な戦いだと思っていたけど側には母親とはぐれて研究所に置き去りになった少女アイリスがいた。


北極研究所にはオーガスティンとアイリス2人。

宇宙船には
ゴードン船長
妊婦のサリー
通信システム監視役のマヤとサンチェス
パイロットのミッチェル




髭もじゃに扮したジョージ・クルーニ―と少女のやりとりがもうずっと胸キュンでした。

テーブルの上でグリンピースを飛ばしあったり、来るなと言われても一緒に寝たくて布団もって部屋の隅っこでアイリス寝てたり

もうアイリス役のカイリン・スプリンガルちゃんが可愛すぎる!

可愛すぎて可愛すぎて伏線に気づかなかった。


そうか~確かに。

あれもこれも伏線だったんですね。

だっておかしいですもんね。

猛吹雪の中もアイリスずっと歩いてるしテントの中では呑気に何か食べてるしオオカミに襲われても生きていたし。

氷水で全身ヒタヒタになりながら生きていたオーガスティンも尋常じゃない生命力発揮していたので、このくだりごと夢オチなのか?と思ってはいたのですが。



オーガスティンが病気の体で1人かたくなに北極圏に残っていたのは、サニーが帰還中であることを知っていたからでしょうか。


宇宙船のサニーたちに違和感


北極ではオーガスティンとアイリスが命からがら必死なのに事態を知らない宇宙船は妊婦もいてまったり。

サニーの夢から恐怖とはいつも隣り合わせなんだなというのは見せつつも緊迫感みたいなのが宇宙シーンに欠けていたような。

さすがにマヤの体からこぼれる丸い血にやっぱここは宇宙なんだとゾッとはしましたが。


結末


宇宙船のメンバーは、家族のもとに帰る選択をしたミッチェルとサンチェスと、新しい星で生きる選択をしたサニーたちとに分かれました。

サニーたちはいわゆる地球のアダムとイブの新星バージョンになるということですよね。

地球がこんなことになったと知ったにもかかわらず意外と通常モードのサニーと機長のゴードンの姿は人間味になんだか欠けていて、そんな彼らならもしかしたらと思えるラストでした。


まとめ


宇宙を題材に1人の男の人生を見せた作品でした。

ジョージ・クルーニ―かっこよかったですね。



お読みいただきありがとうございました。