おうち映画blog

映画やドラマのレビュー・VOD情報・エンタメ 

「今際の国のアリス」シーズン2ネタバレ感想 最終回結末は?

「今際の国のアリス2」

Netfrixで配信後、世界70国でTOP10入りを果たした話題作「今際の国のアリス」シーズン1から2年、命を懸けた「げぇむ」がNetfrixに帰ってきた。


負けたら「死」!突然逃げられないデスゲームのプレイヤーになってしまったアリスたちの生き残りをかけたサバイバルSFアクション。


ゲームが残忍さを増し、"今際の国"がより残酷な狂気に満ちていくなか、アリスは元の世界に戻ることができるのか? 果たしてそれは、すべてを失ってでも目指す価値のあるゴールなのか?
<引用元:Netflix>


死んでしまった親友たちのためにも「この国の真実が知りたい」と最終ゲームまで生き残りを誓うアリスたちの命をかけた「げぇむ」が再び始まります。

シーズン1からの魅力的なキャラクターたちが続投、新たなキャラクターも加わって面白さグレードアップ。

シーズン2ではゲームマスターとして、あの山P、山下智久さんが衝撃的な姿で登場します。

しかもずっとその姿で際どいシーンの連続にちょっとヒヤヒヤ

VFX、アクションもスケールアップ!最終話まで一気見しました!



原作は麻生羽呂の漫画「今際の国のアリス」


「今際の国のアリス2」満足度


キャスト 
アクション 
満足度 


「今際の国のアリス2」監督・キャスト

●全8話
●公開 2022年12月22日
●監督 佐藤信介
●脚本 倉光泰子
●キャスト
山﨑賢人
土屋太鳳
村上虹郎
森永悠希
町田啓太
三吉彩花
桜田通
朝比奈彩
栁俊太郎
渡辺佑太朗
水崎綾女
吉田美月喜
阿部力
金子ノブアキ
青柳翔
仲里依紗
山下智久
恒松祐里
磯村勇斗
井之脇海
毎熊克哉
さとうほなみ




「今際の国のアリス2」あらすじ


アリスとウサギは行動を共にしていた。
「ねくすとすてぇじ」でスペードのキングによるげぇむ「さばいばる」が始まりスペードのキングが銃を乱射し皆死んでいく。

アリスたちはスペードのキングの攻撃から逃れるため別のゲームに参加することにする。そしてゲームを仕掛けている奴らから情報がきけるかもしれないと考える。死んだ親友のためにもこの世界が何なのかなんで参加させられているのか理由が知りたかった。

アリスたちが選んだのはクラブのキング。ゲームマスターはキューマ(山下智久)。

キューマたちはこの国の国民だった。

げぇむは「すうとり」

制限時間2時間の間に相手チームの体に触れることでお互いに点数を取り合って最終的に点数の多いチームがGAMEクリアとなるげぇむだ。

もちろん負けたチームは全員死ぬ・・・


「今際の国のアリス2」登場人物(キャスト)

アリス(山崎賢人)


仕事をせずゲームをするだけの無気力な日々を送っていたが、ある日突然負けたら即死のげぇむのプレイヤーになる

仲間と出会い、げぇむを勝ち進んでいくうちに「生きる」ことを実感し「生きる意味」を考え始めるようになる

ウサギ(土屋太鳳)


父親が死んだ現実世界には戻りたくないが生き抜くために全力を尽くす

キューマ(山下智久)


クラブのキング。「すうとり」のゲームマスター


チシヤ(村上虹郎)



クールで頭脳派。表情一つ変えず淡々とげぇむを進めていく


クイナ(朝比奈彩)


ビーチのメンバーカルト派だった。空手が得意
車いすの母親のために生き抜いて元の世界に戻ることを誓っている

タッタ(渡辺佑太郎)


過去のげぇむでアリスに助けられて仲間になる


ニラギ(桜田通)


ビーチで武闘派だった。攻撃的


アン(三吉彩花)



冷静沈着

ヘイヤ(恒松祐里)


弓道部の高校生。アグニと行動を共にする

アグニ(青柳翔)


ビーチのナンバー2だった。元自衛隊

バンダ(磯村勇斗)


「どくぼう」参加者

コトコ(さとうほなみ)


「どくぼう」参加者

マツシタ(井之脇海)


「どくぼう」参加者

ヤバ(毎熊克哉)


「どくぼう」参加者

リサ(山本千尋)


スペードのクイーン。「ちぇっくめいと」のゲームマスター

クズリュー(阿部力)


ダイヤのキング。「てんびん」のゲームマスター

ミラ(仲里依紗)


ハートのクイーン。「くろっけぇ」のゲームマスター

チョータ(森永悠希)


シーズン1のハートの7の「かくれんぼ」で死んでしまったアリスの親友

カルベ(町田啓太)


シーズン1のハートの7の「かくれんぼ」で死んでしまったアリスの親友


ここからネタバレ注意です!未視聴の方はご注意ください。


「今際の国のアリス2」ネタバレ感想


シーズン1に続きシーズン2もめちゃめちゃ面白かった、時間を忘れて8話まで一気見しました。

シーズン2ともなると過酷なげぇむに勝って生き延びてきただけあって肝が据わってるキャラクターばかりで魅力的でした。

ゲームマスターが悪人かと思えば過去のシーンは悩みや苦しみを抱える普通の人間。スペードのキングの最後にアグニが「お前を憎んだことは一度もなかったよ」と伝えるシーンはうるっとしました。

死と向き合うことで生きている実感を得られるこの国で「生きること」とずっと向き合い続けてきたプレイヤーたち、元はプレイヤーだったゲームマスターたちは皆覚悟が決まっていて潔く切なかった。

アリスもげぇむに参加したときはワクワクすると楽しそうにしていましたが、死を間近で見続けるうちにやっとリアルを感じ始めて生きる意味を考えるようになっていきました。結局この世界は何だったか?という答えを探しながら生きるとは何かを問いかけた作品でしたね。


げぇむの中では山Pが全裸でげぇむする「すうとり」と、村上虹郎さん演じるチシヤが挑む天秤が傾いたら硫酸がこぼれて降りかかってくるげぇむ「てんびん」が緊張感あって面白かった。

村上虹郎さんめっちゃ好き。


結末


この国で死んでしまった人は現実世界でも死んでいました。アリスたちのように現実世界に帰ることを選んだ人たちは、隕石が落ちて渋谷が壊滅した事故で心肺停止して死にかけたけど助かった人たちでした。

国でのことを覚えてはいないけれど感覚として覚えている様子。そしてあんなに嫌だった現実世界が本当は自分が思っていたより悪くなかったという描写もあり、自分的にはかなり満足な答えと結末です。

最後に残ったジョーカーのゲームマスターは自分自身なのかもしれませんね。


それにしても山崎賢人さんと土屋太鳳さんたちキャストが演技が素晴らしいだけでなく美しくて驚きました。美しい人って何しててもずっと美しいんだぁ・・・と感動。


キャスト、ストーリー、キャラクター、アクションとどれをとってもめちゃくちゃ面白い作品でした。

製作費いくらかかったんだろう、Netfrixありがとう。


お読みいただきありがとうございました。