おうち映画blog

映画やドラマのレビュー

Netflix「密航者」ネタバレ感想 アナ・ケンドリック主演SFスリラー 

f:id:syumisyufu:20210422121811j:plain:w450

ミッション遂行のため、火星へと向かう3人の宇宙飛行士。だが、予定外の人物が宇宙船に乗り込んでいたことで、全員の命が危険にさらされ、難しい決断を迫られる
<引用元:Netflix>


Netflixで配信スタート「密航者」
(原題 STOWAWAY)


本作が長編映画2作目となるジョー・ペナ監督が手掛けたSFスリラー。



主演はみんな大好きアナ・ケンドリック


ホラー最高傑作「ヘレディタリー/継承」トニ・コレット


ヘレディタリー 継承(字幕版)


懐かし「LOST」「HAWAI FIVE-0」ダニエル・デイ・キム

「LOST」はHuluで全話見放題 >>



呼吸を忘れるほどの緊迫感と宇宙の恐怖。

めちゃめちゃ面白かったです!

「密航者」満足度

キャスト 
宇宙怖い度 
満足度 


「密航者」 作品情報

●上映時間 116分
●公開 2021年
●監督 ジョー・ペナ
●脚本 ジョー・ペナ
●キャスト
アナ・ケンドリック
トニ・コレット
ダニエル・デイ・キム
シャミア・アンダーソン



ここからネタバレ注意です



「密航者」ネタバレあらすじと感想




火星を第二の地球にするという人類の希望を背負ったミッションを遂行するため火星に向かった宇宙飛行士3人。

ゾーイ(アナ・ケンドリック)→医師

バーネット船長(トニ・コレット)→ミッション2回経験者、これが最後のミッションとなる。

デビッド(ダニエル・デイ・キム)→生物学者


しかし宇宙船には予定外の人物が1人乗り込んでいました。

打ち上げサポートの職員マイケル


この不測の事態で船員たちが命の危機に直面することになります。


意識を失ったマイケルが天井にある二酸化炭素除去装置から落下した時に装置がショート

マイケルが船内にいることですでに1人分多く酸素を消耗しているため火星につくまでの残りの酸素は2人分しか残らない状況に陥ります。

1人分の酸素はデビッドの研究している藻でなんとか作れるかもしれないが100%の保証はない。

あと1人分の酸素が確実に足りないのです

酸素猶予はあと20日。

デビッドはマイケルに自死するように促すけれど、ゾーイが気づいてマイケルとデヴィッドたちを説得します。

あと10日時間をくれと。何か方法があるはずだと・・・


マイケルはなんでそこにいたのか


打ち上げサポートの職員で点検の途中で意識を失っているうちに宇宙船が離陸してしまった。

その時の衝撃で死んでいてもおかしくない傷を負っていたマイケルだったがゾーイの手当てで意識を取り戻す。


映画冒頭でチェックしていたのにね。

信じられない凡ミスです。


地球に戻れないのか


このままでは酸素が足りず火星につく前に全員窒息死してしまう。

んじゃあ、戻ればいいじゃん、地球に。

って宇宙船事情を知らない自分は思ったのですが、どうやら火星遷移軌道に入ったら帰還は不可能。

引き返すだけの燃料がないらしい。


450m先の酸素を取りに行く


船外の装置に酸素を取りに行く提案をしたゾーイ。

しかしこの作戦はとても危険なものでした。

太陽電池パネルに触れたら電力がショートしてしまうし落下の危険もあります。

腕を骨折したバーネットは無理だし訓練していないうえにお腹に怪我を負ってるマイケルも無理。

ゾーイとデビッドが酸素を入れるシリンダーを持ち450m先の装置へと向かいます。


なんとかたどり着きシリンダーに酸素をあと一本入れるだけという時に警告が鳴ります。

20分後に太陽嵐が来る!

と。

悔しそうに引き返すゾーイたち。

ゾーイはその時にせっかく酸素を入れたシリンダーを落としてしまいます。

宇宙の暗闇に消えていくシリンダー・・・



このタイミングで太陽嵐って・・・(泣)

宇宙も設定も容赦ない。


あの底なしの真っ暗な宇宙空間での息も出来ないほどの緊張感が続いて苦しかった(息切れ・・・)

苦しそうなアナ・ケンドリックの表情が観てるの辛い!


太陽嵐の中ゾーイ行く


数時間後に嵐は収まるけれど待っていたら外の装置からもれ続けている酸素が無くなってしまうかもしれない。

このままではどっちにしろ4人のうち2人は助からない。

太陽嵐の中もう一度酸素取りに行くしかないのか?

誰が?

腕を骨折したバーネットは無理だし訓練していないマイケルも無理。

デビッドかゾーイかどっちかという状況で「自分がやる」と申し出たデビットの言葉をかぶせるように自分が行くと言ったゾーイ。

デビッドは「いや、俺が行く!」なんて強く主張することもなく涙しながらゾーイの背中を見つめることになります。

行く=死

よ。

デビッドもう一押しないんかい。船長も止めないんかい・・・


結末感想


太陽嵐が降りそそぐ中、無理に酸素を取りに行かなくてもよかったんじゃないか。

数時間待って酸素がもれ切っていない可能性にかけてもよかったんじゃないか。

状況的に酸素が残っている可能性はそんなに低かったのか。

マイケルの命を救うためにここまでしてきたのにゾーイが自らの命を犠牲にして取りに行くのを何で止めないのか。

デビッドも本当に行く気あったのかというほど押しが弱いしバーネット船長も泣くけど受け入れるで多少のもやもやが残りました。

密航者を船長が追い出すという結末は見たくもないけれど、ゾーイが輝く放射線の中果てていく姿はかなりしんどかったです。

アナ・ケンドリックのこんな姿耐えられない(涙)


地球の希望を背負ったミッションにもかかわらず、命を選別することもなかった登場人物たちは善良な人間でした。

熱心な医学研究者ゾーイを失い火星での研究材料を失い船員たちのミッションのやる気を失い帰還する燃料を確保したら帰る船。

離陸直後のメインエンジン不調でミッション続行を指示し、マイケルを船から追い出すように指示した管理室のジムは今何を思うのか。

点検はちゃんとしないとねっていうのは1番言いたいよね💢


キャスト感想

「ヘレディタリー/継承」が強烈過ぎたせいか、トニ・コレットの顏見ているとついついこれってホラー映画なんじゃないかと錯覚しそうになったんですけど、アナケンドリックの陽キャラがすーっと宇宙ものに引き戻してくれました。

(窓からゾーイを見つめるトニ・コレットとかこのシーンだけ見れば完全にエイリアンもの)

LOSTのダニエル・デイ・キム久々に見ました、懐かしい。

まとめ


敵は対人間でもなくエイリアンでもない。

宇宙という容赦ない空間の中での船員たちの現実を見せられたSFスリラー。

面白かったです。


トニコレット作品↓


www.ouchieiga.com
www.ouchieiga.com



お読みいただきありがとうございました。