おうち映画blog

映画やドラマのレビュー

映画「ブロックアイランド海峡」ネタバレ感想 じわじわ怖いホラー

f:id:syumisyufu:20210312225229j:plain:w400
<引用元:Netflix>

Netflixで配信スタートした「ブロックアイランド海峡」のネタバレ感想です。


ある島で魚や鳥が大量死する現象が起こり始め、島で漁師をする家族に信じられない危機が襲い掛かる。


主演のクリス・シェフィールドは「メイズ・ランナー」のベン。


メイズ・ランナー (字幕版)


「ブロックアイランド海峡」 満足度


キャスト 
ストーリー 
満足度 


「ブロックアイランド海峡」作品情報

●上映時間 99分
●公開 2020年
●監督 ケビン・マクメイナス
    マシュー・マクメイナス
●脚本 ケビン・マクメイナス
    マシュー・マクメイナス
●キャスト
クリス・シェフィールド(ハリー)
ミカエル・マクマナス(オードリー)
ネビル・アルシャンボー(ハリーの父)
ライアン・オフラナガン
マチルダ・ローラー



「ブロックアイランド海峡」あらすじ

ある島で野生動物が原因不明の大量死を遂げる不吉な現象が発生。謎の力により命の危険にさらされた漁師の家族に、戦慄の恐怖と恐るべき真実が襲いかかる。
<引用元:Netflix公式ページ>


ここからネタバレ注意です



「ブロックアイランド海峡」ネタバレあらすじ


小さな島で漁師の父親と暮らすハリーだが、最近父親の様子がおかしい、時折混乱したり意識が飛んだりしていた。

同時に島のウエストビーチで10トンもの魚が死んだり鳥が死ぬなど奇妙な現象が起きていた。


研究員のハリーの姉オードリーが調査のため娘のエミリーを連れて島にやってくる。

久々の一家団欒を過ごしたその夜、父親が姿を消してしまう。

船で父を捜すハリーだったが、海中に潜った時に黒い煙のようなものに襲われる。

気がつくとハリーは船の上だった。

数日後、父親は海岸で死体となって見つかり、そしてハリーは死んだ父の幻覚を見るようになり・・・






「ブロックアイランド海峡」ネタバレ感想


母親の死後いろいろあり少し問題を抱えた短気ハリーという設定が関係あったのかなかったのか

SFホラーでした。


陰謀論を説く友人デールが冒頭で熱弁していたような

海底に住む生き物が船員を寄生虫に感染させて洗脳して海に飛び込むように仕向けた共依存の話なのか

魚を実験材料にしていることは他の魚を助けることが出来るからいいことなのだという姉のオードリーの言葉が人間に返ってきてしまった話なのか。

父親がおかしいのは認知症なのかパラサイトなのか、ハリーがおかしいのは病んでいるのかパラサイトなのか

キャンピングカー生活のあの男は結局電磁波過敏症なのかパラサイトされちゃった人なのか、どうやってヤツらの操作から逃れたのか

ヤツらは海のものなのか空にいるのか

あえて曖昧なまま終わってしまいましたが、短気なハリーの性格や家族事情、パラサイトや陰謀論、電磁波過敏症などいろんな方向から予想して観れたので結構面白かったです。


猫の説もなんか妙に納得したし、人間が腸内細菌にコントロールされてる説もTVで聞いたことあるし、海底は宇宙より謎が多いらしいし、じわじわ怖さが来ますね。


変な効果音があったり「「鹿だ~犬だ~」ってネビル・アルシャンボーがいちいちでてくるのは笑った。


結局ヤツらとは何だったのか?


父親やハリーを操っていたヤツらとは結局のところ何だったのかっていうのは、視聴者にゆだねる形で終わってしまいました。

勝手に解釈してまとめるとこういうことなのでしょうか。


まず、ヤツらとは、


あの海峡ら辺だけ爆裂に力を発揮できるエイリアンですね


ハリーが最初襲われたのは海底でイカ墨のような黒い霧にのまれました

最初は海底に棲む生き物の仕業かなと思ったのですが、ハリーは竜巻みたいなバキュームで空中に吸い上げられていったし、オードリーが会いに行ったハリーと同じ症状のあった男が

ヤツらだ・・・って指を上に向けていたので、ヤツらはあの海峡あたりの空間に拠点のあるエイリアンです。

そのものたちはなぜか知らないけどあの場所でしかバキュームできない(なんで?)。


あの場所で父親を捜して海中で襲われたハリーはヤツらに寄生されました

多分ヤツらに吸い上げられて体を調べられた後、船の上に戻されたのでしょう。

寄生されてしまったハリーは、意思疎通を図り幻覚を見せるヤツらに操られ、犬やエイミーをあの海峡に連れて行きます。

ヤツらの目的はおそらくオードリーと同じで人体実験です。

一部の勇敢な魚を調べて時には犠牲にすることで他の魚を助けられる。

だからこれはいいことなのよ?

っていうオードリーと同じ目的なのかもしれません。


または普通に異星人の好奇心なのかもしれません。


それか陰謀論を説くハリーの友人のデールの言ったようなことの可能性もあります。

ニュージーランド、ノルウェー、ブラジルとあらゆる地域で起きているらしいですし。


はっきりとした答えはありませんでしたが、

エイリアンの実験・好奇心

海底生物の進化、侵略

陰謀説

どっちにしてもじわじわ怖いお話でした。


結末解釈


エミリーはロープに縛られていたため上空に吸い上げられず無事救出されました。

オードリーも助かりはしましたが、1度吸い込まれたので寄生されています。

今度は彼女がハリーのしていた役割を担うことになるのでしょう。



お読みいただきありがとうございました。